好みも人によって分かれます

かにお取り寄せ通販でカニを買うとき、安さだけで選んではいけません。

実際に見て選ぶのとは違い、見本の通りの、身がぎっしり詰まった鮮度のよいものばかりといえないのが現状です。

店舗がたくさんある中で、信頼の置けるカニお取り寄せ通販を探すことが、おいしいかにを手に入れるための条件です。

カニお取り寄せ通販ビギナーにとって、本当に一からお店を探すことになるので、ネットの人気ランキングを上手く活用して、自分にとってのよい業者に出会ってください。

これからの季節が美味しい蟹ですが、蟹にも種類や呼び方が色々あります。

種類ごとに味や風味は大きく違っており、好みも人によって分かれます。

なので、蟹のお取り寄せ通販の利用をご検討されている方は、どの蟹はどんな特徴を持っているのか、よく知っておくことを大事にしたいものです。

色々ある種類の中でも、特に人気のものとしては、誰もがタラバガニやズワイガニなどを思い浮かべることでしょう。

いずれの種類でも、大きく新鮮な蟹を選ぶようにすることを基本として覚えておきましょう。

かにお取り寄せ人気通販のランキングサイトでも、タラバガニを買いたい方は多いようです。

購入するときには気をつけたいのがアブラガニで、タラバガニにそっくりな見た目で、素人目には見分けがつかないそうです。

注文したのはタラバガニのはずなのに、アブラガニを掴まされたことも実際にありましたので、安さにつられて買うのではなく、業者の信頼性を確かめてください。

松葉ガニのメスの呼び名が、セコガニです。

メスしかいないので、松葉ガニよりサイズが小さいと思われていますが、貴重な卵が味わえ味わいも豊かで、セコガニの熱心な愛好者が根強くいます。

このかには、11月から1月までしか水揚げされることはなく、その貴重さは際立っています。

それと、かにといえば脚肉の方も多いですが、奥の深い味と言えば、かに味噌でしょう。

味噌でかにを選ぶとすれば、毛蟹と言う方がほとんどです。

味噌は独特の香ばしさで、これぞかに、という固定ファンを生んでいます。

手に入りやすく味噌のおいしいかにとして、ワタリガニの味噌もまたおいしいですよ。

脚はだいぶ細くなりますが、味噌の味なら負けません。

十分な濃さの味噌で、テレビの通販番組でも蟹はよく出ています。

それを見て蟹を買ってみようと思った方もいらっしゃるかと思いますが、情報源がテレビだけではもったいないです。

ネット上でも、テレビ通販よりも安価で新鮮な蟹を売っていないかどうか、調べてからでも遅くはないですよね。

その理由は、テレビ番組を通じて買うよりも、ネットのカニお取り寄せ通販で注文した方がお得に蟹を買えることが多いからの一点に尽きるといえます。

一方、安心を重視し、無用なリスクを避けたいという方は、テレビ通販の方がネットと比べてリスクは少ないので、あれこれ気にしなくて済むので良いかもしれませんね。

 

 

ダントツで北海道が一番

蟹の名産地といえば全国にいくつかありますが、代表的なのは、なんといっても北海道は漁場も豊富で、様々な種類の蟹が獲れます。

もちろん他の地域にも有名な蟹はたくさんありますが、色々な蟹が獲れるという点では、ダントツで北海道が一番でしょう。

しかし、実際に北海道に行ってみると、北海道で売っている蟹が実は海外産であるというケースが少なくないので、ちょっとびっくりします。

蟹通販に新規参入する業者も増えてきました、ネットでも活蟹や冷凍のポーションタイプなど、様々な形で蟹を購入できます。

でも、実物を見ないで買うのはちょっと不安という方もいますよね。

蟹通販の利用を検討している方は、既に購入した人の声である「レビュー」を確認して選ぶのをお勧めします。

そこでは良いレビューと悪いレビューを見分ける目も必要です。

第一には、レビューの中にはサクラが紛れ込んでいることを常に意識することです。

サイトの規模にもよりますが、少ないレビュー件数の中でその全てが似たような文章の高評価だという場合、サクラの可能性を疑ってみて損はないでしょう。

直販でかにを買おうとすれば、どこから買うかとなりますが、北海道と答える方が多いでしょう。

その理由ははっきりしていて、今のところ、毛蟹がとれるのは北海道に限られるのが現状だからです。

とはいえ、毛蟹を除いた種類で考えると本土でも色々な種類のかにが水揚げされる場所を思いつく方もいると思います。

ズワイガニでいえば、松葉ガニのブランドで知られるように、鳥取で獲れたかにがおいしいのです。

かにの産地の特集を、年末にテレビで観て、そこで通販を紹介していました。

家の近くで買えるかにより大きく、まとまった量が買えるのも魅力でしたので、送料無料も気に入って、初めてのかに通販に挑んでみました。

生鮮食品のお取り寄せは今までしたことがなく、商品が届くまでは、正直不安でしたが、かにはテレビで見たとおりの品で、食べてみると濃い味で、新年早々みんなにこにこでした。

もちろん、今年も購入したいと思いますし、蟹を調理していく場合には、蟹が今、どういった状態であるかにより注意点が異なってきます。

その注意点のうち特に大切なことと言えば、蟹が冷凍保存してあった時に、どうやって解凍するかということです。

多くの人々は急いで解凍するために水に蟹を浸からせた状態にしてしまいます。

そうしてしまうと、旨味のある蟹が味気なくなってしまうため、冷蔵庫に入れたままゆっくりと解凍しましょう。

通販のかにを買う時、自宅で食べる分には大変お買い得な訳あり品の詰め合わせですが、いかにも怪しい感じがして買う気にならないのです。

ですが、どうして定価で販売できない商品になってしまったのか、分かった上で理由に納得がいけば心おきなく楽しみたいと思います。

訳ありは、損害になるか、客寄せになるか、読みきれないものなので、そのお店の考え方が表われます。

意外に似通っていることが多く、基準より大きすぎるとか、小さいというのも基準を外れるので訳ありの仲間になります。

商品として並べてから、バランスが合わなくて外されることもあるようですが、気がつかないような甲羅や爪の傷も容赦ありません。

こんな些細なことが訳あり品の原因だったなんて、王侯貴族ならともかく一介の庶民はあまり気にする必要なんてないですね。

訳ありかには、我が家の定番になるかもしれません。

私が思うに、かにを買おうと思い立った時、最終的には楽天市場をチェックするのがおススメの方法です。

あらゆる要望にも応える品揃えなので、並行して他を当たる必要がないのです。

かに通販会社のサイトにもピンからキリまであり、運よく良い方に当たればいいですが、悪い方に当たると詐欺集団の餌食になり、粗悪なかにを掴まされたりといったひどい目にあう危険もあり、こちらが近づこうものなら、引っ張り込もうと待ち構えています。

そんな心配をしなくていいのが楽天市場のいいところで、ここなら傷んだ品物を買わされたりしないので、写真どおりの買い物が出来るでしょう。

その中でも口コミを集めているものや代引き決済が使えないと不便な場合も多いものです。

その対応をしてくれるお店だと更に良心的で、品物にも信用がおけると思います。

ネットで見かけた蟹の激安通販が気になって仕方がないとう方は多いようです。

その名の通り激安なので、一見、メリットだらけのように思えますが、注意するべき点もあります。

他の店と比べてあまりに安すぎるところは、トラブルの多い業者や、詐欺まがいの業者である可能性も考えられます。

激安通販を利用する場合、そのお店の評判をネットでよく見てから決めることです。

調べずに手を出すと痛い目に遭いかねません。

 

 

大腸の内視鏡検査が痛い!

最近のビッグイベントと言えば、何といっても「大腸の内視鏡検査」です。

肛門から小さなカメラをいれ、腸のなかを見るっていう、あれです。

やる前に心配だったのは、肛門の周りに毛がはえていることです。

恥ずかしい、どうしよう、おならとか出たらどうしようとか、いっぱい不安でした。

ところが、実際に内視鏡検査をやってみると、そんなもんは屁でもないです。

まず、下剤で便をだすのが大変で、お腹痛いし、いっぱいでるんですよね。

それから、腸の中をきれいにするため、もっと水のようなものを出すのですが、これが中々止まらないのです。

病院にいくまでに、まだ出ていましたから、下着やナプキンで受け止めるしかありません。

そして本番ですが、カメラを入れる時がすごく痛いです!

それでも、中へ細いパイプみたいなのをグイグイ入れてくるから、いちいち痛いです。

痛いといえば、もっと麻酔を強くしてくれるはずだったそうですが、なんかタイミングが分からなくて言えませんでした。

そして結果は、変な箇所があるので、そこをとって、生体を検査をすることになりました。

ほかは割とキレイですから頑張って、私の大腸に声をかけました。

最後に内視鏡検査が終わって、カメラを肛門から抜くのは、それほど痛くはなかったです。

でも、「私ちょっと便がでたかもしれません」と言い訳すると、「あ、洗浄の水でしょう。だいじょうぶですよ」と看護婦さんに言われました。

いつも看護婦さんには感謝です。

それで、今は結果まちですが、つい、ガンを検索してしまいます。

するといやな情報がたくさんで、え?つらい・・・

たぶん大丈夫だと思いつつも、結果がでるまでは、本当につらいです。

なにひとつ良いことなかった大腸検査ですが、みんな頑張ってやりましょうね。

なぜなら、大腸ガンになったら、もっともっと検査や治療の方がつらいからです。